一言で、塾といっても「実はこんなにも違うんだ!」と言うことがたくさんあります。親の失敗しない塾選びについて、学生時代から家庭教師、個別指導、個人塾、集団塾、予備校などを20年以上に渡り経験してきた筆者が率直に書かせていただきます。どうぞご参考になさってください。

 

学習塾には、指導形態で大きく2つに分けられます。

  • 集団塾………数人から約20名ほどのクラスを作り授業を行う形態
  • 個別指導……数人の生徒を1人の先生が、それぞれ個別に指導を行う形態

筆者は、集団塾と個別指導の両方の指導経験があります。その経験から私が親なら間違いなく集団塾に通わせます。

その理由として、個別指導と謳いながらも個別に指導していないからです。個別指導というと1対1を想像されるかもしれませんが、1対1で指導している個別指導塾はまずありません。普通は1対3や1対4です。ある、学習塾専門サイトでは学習塾のジャンル分けの基準として1対4までは個別指導となっています。私の知っている限りですが1対6で指導している個別指導の学習塾もありました。

なぜ、それで個別指導というのでしょうか。その秘密は、机とイスの配置に隠されています。個別指導塾では、生徒1人1人が別々の学習ができるように机とイスが配置されています。丁度、図書館の自習スペースのような空間をイメージされるといいと思います。そこに、先生が巡回しながら生徒を指導します。ですので学年・科目・内容も異なっている場合もあります。小学生の算数と高校生の世界史を同時に指導することも珍しくありません。ですので、先生1人で何人指導しようと良いのです。生徒の「個別内容」に対応しているのですから。

ですが、これはあまりにも学習塾側の都合の良い見方だと思います。ご家庭の方は個別指導と聞けば1対1だと思います。1対1を謳っている学習塾はありますが、私の知る限り1対1を完全に守って指導している個別指導塾は聞いたことがありません。ただ、最近では完全1対1と謳っている個別指導塾もあります。しかし料金がHPに載っていなかったり、特別料金を取っていたりと学習塾を選ぶ際には不透明な部分が多すぎます。

 

では、それでもなぜ少ない人数で教えてもらいたいのでしょうか? それは少ない人数で教えてくれれば「じっくり見てくれている」「解いている途中も見て、どこで間違えているか指導してもらえる」と思っているからです。ですが、先ほど述べたとおり複数の生徒を相手にしますから、お子さまが問題を解いているときは他の生徒の指導をしています。つまり、生徒がどこでどのように躓いているか見てはいません。

さらに、間違えたところが見つかれば、その原因を教えるのではなく、正しい解法を教えるだけです。なぜ、そのような指導になるかとうと、そう指導しないと複数の生徒を1人の先生が受け持つことが難しいからです。ですので、お子さまはどうして間違えたのか分からないまま家に帰ります。

ところが、お子さまは正しい解法を教えてもらっているので分かった気になっています。教え方が上手ならなおさらです。しかし、どこで躓いたか分かっていませんから全く同じ問題は解けても類題は解けません。よく「普段はよくできるのにテストになると取れない子」はこのタイプです。そして塾の面談でそのことを尋ねると塾の先生から「塾では分かっているんですけどね」「自宅で復習していますか?」と言われてしまいます。「自宅で復習してますか?」と言われれば、ほとんどの方が「確かにやっていないわ」と思うわけです。そしてお子さまの努力不足が全ての原因であるかのように「ちゃんと復習しなさい!」と言ってしまいケンカ。なんてことも起こります。

また、個別指導では時間を自由に変更できます。そこが売りとしています。しかし、「学習塾に通わないで勉強できないのだろうか?~」でも述べましたが学力を本当に上げたいのであればお勧めできません。

このようなことから、個別指導に期待されているメリットは実はほとんどないのです。そのようなことから、個別指導に過剰な期待を寄せてしまうと大きく裏切られることになります。

 

一方、集団塾ですがこちらは、他の指導形態にくらべ日時が決まっているため規則正しい学習ができて学習効果は高いと思います。他の指導形態より一般的に割安なのも魅力です。

しかし、いい事ばかりではありません。集団で授業を進めるため分からないまま進んでしまう心配があります。また、宿題などの量など、個々に合わせることが難しいです。ですので、お子さまは通いたがらず、仮に通っても嫌になり塾を辞めてしまうことがあります。

このように、集団塾ではマイナスのイメージが大きく先行します。ただ、私はこれは大きなメリットと考えています。なぜなら、子どもたちもそんなに遠くない未来に大人として社会に出ていきます。

例えばその際に、部活と勉強の両立にチャレンジせず部活しかやってこなかった子どもが、大人になったときに社会人として役割、親として役割、妻や夫として役割などの、いくつもの役割を同時にこなせていけるようになるでしょうか。さらに、勉強ができないのは、部活が忙しいからだと言っているお子さんが、大人になったときに自己の課題に正面から向き合って、目の前の大変な事に立ち向かっていくでしょうか。おそらく会社や他人、忙しさのせいにしているのではないでしょうか。お子さまがそのような大人になることを望んでいますか。

子どもは柔軟です。可能性にあふれています。部活ではなく、部活頑張った自信が大人になったときに大いに活きてくると思います。集団塾に通うのはその自信をつけるチャンスでもあるのです。たまがわ塾が保護者に人気の個別指導ではなく、あえて集団塾なのはこのような理由があるからです。そして、たまがわ塾は集団塾でありながら宿題は、ご家庭に任せっぱなしにせず。当塾に来て学習することでご家庭の学習負担を減らしていく工夫をしております。

 

まとめ

Q. 集団塾と個別指導塾、どちらが良いですか?

A. 大人になって苦労させたくないなら集団塾です

 

個別指導塾でも、とても良い学習塾はあります。特に個人でやられている個別指導塾の中には、子どもの未来を考えたとても良い塾もあります。一度、相談に行かれるといいと思います。

 

※旧たまがわ塾サイトより転載